社会人になって、初めてのクレジットカードはビザでした。

状況もよく分からなかったので何も考えず、営業の方に勧められるがまま申し込みしました。

大会社に勤めていたので、審査も何事もなく通り、社会人生活がスタートしました。

翌年、幼馴染の友人と会い、彼がAMEXにお勤めしている事からお付き合いでAMEXに入会しました。

最初は一番下のクラスから始まり、利便性やステータスを考え二年後にはゴールドカードを持っていました。

当時はマイルへの移行などビザにはポイントの柔軟性が無く、クレジットカードを必要とする時はAMEXを使うようにしていました。

そして、結婚する機会があり必要経費は全てAMEXで払った数ヶ月後にプラチナカードの案内が来ました。

案内状に書いてあることは、これまでのゴールドの扱いとは全く異なりスペシャル感があり、これまでのステータス感とは

比較にはなりませんでした。

確かに、年会費15万円は僕にとって重荷かもしれませんがそれ相応のサービスには満足しています。

海外でもこれ一枚で大概は払えますし、何よりこのカードを見た後のスタッフの対応が素晴らしいです。

海外旅行直前に財布が盗難にあい、プラチナセンターに相談したら数時間後に新品のカードが来たのには感動しました。

借金返済 ブログ

昨今の社会的不確実性が存在する世の中で、人々に現実的な安心感を与えられるものは、お金かもしれない。つながりや助け合いといった精神的なものは、それなりのレベルの生活環境が整っていないと、感じることも与えることも難しい。いわゆる、「衣食足りて礼節を知る」という事だ。世の中お金が全てではないというのは、確かにそのとおりだが、お金がなければ衣食を賄えないし、礼節を知らない人間に対して、周りの人々はつながろうとも助け合おうとも思わないだろう。つまりお金は、その人の人間性や信頼度にも影響を与えてしまうようになる。必要十分なお金を持つことは、その人に自信と余裕を与える。人は自分に十分な物があるときに、人に与えたり譲歩したりできるものだと思う。また、人は自分にきちんと自信を持っているときに、人を許したり認めたり、礼節を持った態度をとれるのだと思う。その結果、このような人にはたくさんの人が集まり、たくさんの情報が集まり、ひいては「たくさんのお金が集まる」という、正のスパイラルを生み出していくのだろう。今日の資本主義経済や科学・技術の発展によって、「この世の中にお金で買えないものはない」という時代が、いずれやってくるかもしれない。そんな時代が来ても、はたして人間は、世の中お金が全てではないと言うのか、実に興味深い。

バンクイック審査

クレジットカードには、カードブランドやカード発行会社、カードの種類によってデザインが様々あります。

ブラックカードやゴールドカードなどの名前で有名な物は、その名前の通り、ブラックやゴールドのカラーでこれらを持つことがステータスと考えている人もおり、憧れる人が多いデザインのカードです。

ブラックカードやゴールドカードは、特定の条件を満たした人にしか発行されませんが、他にも魅力的なデザインも沢山あります。

販売店がカード会社とコラボレーションして、販売店のロゴなどが入っている物では、そのお店で使えるポイントカードとしての機能もついている物が多いです。

ハローキティーやディズニーなどの人気キャラクターとコラボレーションしたクレジットカードも人気です。

これらのキャラクターコラボのデザインの物は、期間限定でそのプレミアム性も人気の秘密といえますね。

メジャーリーグの球団のカラーやロゴマーク、人気選手がデザインされたものも人気です。

他にも、人気アーティストとのコラボレーションデザインやイベント、記念事に合わせた限定デザインなども多くあります。

クレジットカードを選ぶポイントは様々ありますが、こういったデザイン性もカード選びに大切な部分でしょう。

借金返済コツ

人に物をあげると、お返しに何か物を渡す習慣があります。これは社会的に、当たり前になっていると思います。

これと同じように、お金の使い方も、何かして貰って、何か食べて、何か買ってお金を払う事が多いので、片側通行ではないのです。

しかし、余裕のある人が、余裕の無い人に、無償の愛を人に与える事をしても、それを相手もするべきだと、お返しを期待しても、何もしないものなのです。

それは片側通行であると、思えますが、この余裕の無い人は、相手は余裕があるのだから、当たり前だっと思い、自分は余裕が無いからして貰って当たり前だと思うのでしょう。

お金も同じように、ボランティアや寄付の場合は、片側通行であるかもしれません。これは、余裕がある人が、余裕が無い人に渡す行為なのです。

しかしボランティアや寄付や余裕が無い人に渡す事は、一般的にはありえませんので、例外だと思います。

だから、お金は片側通行では絶対にありえないと思うのです。友達でも彼氏でも親子でも、上司でも部下でもそうです。

何かのお返しをしていると思うのです。会社の上司が部下に食事やのみ代などの、お金を奢るとします。しかしそれは社内に置いて、尊敬の言葉で話したり、言いなりになったりと何かとお返しをしているのです。

友人でもお土産をあげたり、誕生日プレゼントをあげたとしても、相手から何も返って来ないのはありえません。こちらの誕生日にプレゼントを返して着たり、旅行に行く事があったらお土産を買って来てくれるはずなのです。

恋人でもそうでしょう。指輪などのプレゼントを買ってあげたとしても、ある時、お弁当を作って来てくれたりしてお返しをしているのです。

お金は決して、片側通行では終わりません。もしもそれが、あげるばかり、貰うばかりの関係性になったのなら、貰うばかりの方は、喜び嬉しいでしょうが、あげるばかりの人は怒っていると思います。

お金はそのままでは、済まされない、片側通行では、終わらせられないものでも、あると思うのです。

薬剤師 コンパ

私は20代半ばぐらいから、お金の使い方を180度変えました。20代前半の頃は、毎月もらった給料を綺麗さっぱり使い果たし貯金もまるっきり出来ていませんでした。

お金の大切さを知ったきっかけが結婚でした。結婚し子供が出来た事で、将来を真剣に考えるようになり、お金も毎月貯金するようになりました。そんな節約しなくても生活は十分が出来ますが、最近では節約する楽しさを覚えたため節約が全く苦じゃありません。

私の節約方法はとてもシンプルなもので、現金を極力持たないのが基本です。なので財布には最低限の5000円しか入っていません。財布に現金が入っていないので、買い物する時も慎重になり無駄使いがかなり抑えられます。

http://xn--n8j127hxzfdwklscry3a6q3a3zi.biz/